自由設計の間取りを決めるポイント
注文住宅基礎知識間取り bespokeNOBLE

知っておきたい!自由設計の間取を決めるために大事なこと

[Reco.]seriesのNOBLEとbespokeは自由設計で間取を決められます。
ですが、何から考えていいかわからない、家族の意見がまとまらないという方もおられるのではないでしょうか。

今回は、自由設計で間取を決める際に何を考えればよいか、どのように決めると失敗しないか解説いたします。

どんな生活がしたい?ライフスタイルを考える

今困っていることは?

「どこから考えていいのかわからない」という方には、今住んでいるお家の良いところ、悪いところを考えることは、よりご家族に会った間取を作るヒントになります。

「キッチンに立つと子供の様子がわからないのが不安」
「洗面所と洗濯物を干す場所が遠いから、動きに無駄が多い」
「収納が足りない」
「家で仕事をするのに、自分のためのスペースがない」
「お客様が多いのに、リビングにしかお通しする場所がないので、来客中は家族が落ち着かない」
など、今のお家で困っていることはありますか?
間取を工夫することで解決できる問題はたくさんあります。

水回りの配置は?動線を考える

家事の中心は水回りです。
料理や洗濯、お風呂屋トイレなどまめな掃除が必要なエリアも、水回りが関係しています。
スムーズな動線づくりは、家事負担の軽減にもなり、ストレスがぐっと抑えられます。

また、洗面所やトイレが朝晩込み合うようであれば、配置の工夫や数を増やすことを考えてみてはいかがでしょうか。

収納は十分ですか?

今のお家の収納量は十分ですか?
十分なサイズの造り付け収納にすれば、お部屋をスッキリ片づけやすくなります。

収納を決める際は、何をどこに片づけるかも大切です。
スポーツやアウトドアが趣味のご家族であれば、玄関収納を広くとることで道具類をまとめて収納。出し入れも便利になりますよ。

家具のサイズや置く場所は?

ソファーやベッド、ピアノなど、置きたい家具がある場合はサイズをチェックしてみてください。
ダイニングに置くテーブルや椅子はどうでしょうか。
椅子は引くためのスペースも考えてください。

また、電化製品を置く場合はコンセント位置も重要になります。
この場所に置きたいというものがある場合は、ぜひチェックしておいてください。

将来はどうなる?ライフプランを考える

今も未来も快適に

5年後、10年後、将来のご家族はどうなっているでしょうか。
小さいお子様がいるご家族は、お子様の成長により生活スタイルが変わっていきます。
すでに大きいお子様がいるご家族は、子供たちの成長と独立を見守ることとなるでしょう。
また、親も年を重ねて、今は簡単にできることが大変になるということも考えられます。

家を建てるということは、長い年月をその家で過ごすということです。
今のことだけではなく、将来のことも考えることで、長く快適にお住まいいただくことができるのです。

小さいお子様がおられるご家族は

お子様の成長を考えた時、何が気になりますか?
何人かお子様がいらっしゃる場合、今は同じお部屋でも将来は個室が欲しくなる時がくるでしょう。
あらかじめ、将来部屋を分けることを想定した間取り設計をしておくことも可能です。

子どもたちが成長したときに家族の気配を感じられる距離を作るため、リビングに階段を作るという間取も考えられます。
プライベート空間への移動に家族がいる場所を必ず通るので、自然な会話が生まれます。

小さなお子様も高齢の方も快適に

年齢を重ねると、トイレやお風呂の立ち座り、階段の上り下りもスムーズにはできなくなっていきます。
将来、手すりをつけることをお考えであれば、新築を建てる際に手すりをつけるための下地を入れておくことをおすすめいたします。

高齢者のための設備は小さいお子様にとっても優しいつくりとなっています。
階段の手すりは、高齢の方だけではなく小さいお子様の上り下りも安全になります。
玄関前にスロープがあると、車いすでもベビーカーでも楽に上がり降りができます。

優先順位をつける

何を考えるべきかをご紹介しましたが、あれもこれもと希望をすべて盛り込んだ間取が完璧かというと、そんなこともありません。
建物のサイズには限りがありますし、ご家族によって大事なものは違います。
「これは譲れない」と「あったらいいな」を書き出し、譲れないものに優先順位をつけてみてください。

優先順位の高いものを中心に考えることで、ご家族にとっての理想の間取ができあがることでしょう。
また、そのリストをもとに参考になる間取を探したり、プラン相談会に参加したりすることもおすすめいたします。

まとめ

自由設計の間取はその自由さが魅力の反面、決めるのが大変です。
まずは何を大事にしたいのか、この記事を参考にご家族でお話してみてください。

自由設計での注文住宅をお考えの方は、当社では無料間取りプラン相談会も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
色々な間取図を参考にしたり、モデルハウスやOBお宅訪問のイベントなどで実際のサイズ感を体験するのもおすすめです。
イベント情報はこちらからどうぞ。

このブログでもお客様の施工事例や間取のご紹介をしていますので、ぜひ参考になさってください。
施工事例の一覧はこちら。

[Reco.]seriesではNOBLE・bespokeを自由設計の間取でご提供しております。「[Reco.]seriesってなに?」という方には、[Reco.]seriesの特徴である[構造体]と[空間デザイン]について、こちらの記事で詳しく解説しております。
Reco.住宅ってなに?「スケルトン」と「インフィル」で作る、逞しく夢のある家


関連記事

1畳にもいろいろある?いまさら聞けない畳の種類とサイズ

「このお部屋は6畳です」と言われても、実は畳の種類によってお部屋の大きさが違うことをご存知ですか? 京都の古い…

続きを読む
家づくりは何から始めれば良いの?理想の住まいが完成するまでの流れを確認

初めての家づくりは、「何からはじめればよいか全くわからない・・・・・・」「完成まではどんなことをするの?」など…

続きを読む
注文住宅の種類とは?それぞれのメリットと分譲住宅の違いを解説!

注文住宅と聞いて、どのような住宅をイメージしますか? 皆様がイメージされるのは、すべてを自分で決める完全自由設…

続きを読む