今回は、幅広い分野で活躍中の60代女性ライターの松井由美子さんに、滋賀膳所住宅展示場ハーブガーデンで行われたオーナー様感謝祭をレポートしていただきました。

体験レポート

初夏を満喫、ハーブガーデンで摘み取り&ソーセージ作り ~第2回「Reco.倶楽部」オーナー様感謝祭をレポート~

新緑がまぶしい5月のとある日、Reco.倶楽部の感謝祭が開催されました。
会場は、敷島住宅滋賀膳所住宅展示場のハーブガーデンと滋賀支店イベントスペース。
感謝祭の様子をレポートします。

年に一度の、オーナー様感謝祭!

「Reco.倶楽部」は、敷島住宅の注文住宅事業本部でマイホームを建てられたオーナー様の会。敷島住宅が、「家」を通じて生まれた「つながり」を大事にしたい、そして「家」が完成した後の「お付き合い」は「もっと大切にしたい」という想いから、3年前に発足。

年に一度、ご家族で楽しんでいただくことを目的に感謝祭を開催しています。
今回は、第2回目。

会場は、冬場から準備していた滋賀膳所展示場のハーブガーデン。
この5月にオープンしました。

これを機に、ハーブの摘み取りとハーブソーセージ作り、ハーブを使ったミニワークショップ(ハーブビネガー作り、バスハーブ作り)を企画。
大津市や京都市、湖南市など各地から7組のご家族がエントリーし、お子様をふくめ24人がハーブガーデンに集まりました。

今年の1月に完成した滋賀膳所展示場は、Reco.シリーズNOBLEの住宅。
この展示場の広い庭に、約40種類のハーブが植えられています。

住宅展示場の庭をどのようにデザインするかを考えていた時に、近江おごとハーブガーデンとの出会いがあり、ハーブガーデンが計画されたそうです。

ハーブは、ヨーロッパで伝統的に薬草や料理、香料、保存料などに用いられてきた植物です。生または乾燥させて、薬味やハーブティなど、キッチンハーブとして使われることも多いのですが、香りを利用して防虫やポプリなどにも活用されています。
「人間の暮らしに役立つ植物」ですね。
青々としたハーブ、目にもさわやかで、住宅展示場としてもぴったりですね!

順調に育ったハーブを摘み取り

さて、この日は、おごとハーブガーデンの「緑と香りの学校Tiara」の講師、フィトセラピストでもある山本真理さんを迎えて、ハーブの摘み取りから始まりました!

冬場に植えられ順調に育ってきたハーブを一つ一つ、香りや効能などを説明する講師の山本さん。

「ソーセージに入れる、お好みのハーブを摘み取ってくださいね」

香りを確かめながら、摘み取りをする皆さん。
子どもたちもハサミとビニール袋を持って、ソーセージ用のハーブを摘み取ります。

やはり、「セージ」が人気のようですよ~

ソーセージづくりに挑戦!

摘み取りが終わると、展示場のハーブガーデンから、徒歩で敷島住宅滋賀支店まで歩きます。滋賀支店は、展示場のすぐそばです。

滋賀支店には、カフェやイベントスペースが設けられています。

テーブルには、ミンチ肉、調味料が入ったボウル、氷、水に漬けた羊腸、まな板と包丁などが並んでいます。

さて、いよいよ、摘み取ってきたハーブをさっと洗って刻みます。

刻んだハーブを、お肉と調味料が入ったボウルに入れ、氷(お肉の20%分)も入れて、いよいよ練りあげます。

氷が溶けてねっとりするまで練ります。お父さんも練ってます。

「氷が冷たい~!」
「なかなか溶けないし~」

練りあげるのはなかなか時間のかかる作業のようです。

ねっとりするまで練り上げたら、ソーセージメーカーに羊腸をセットしてお肉を詰めます。
塩漬けの羊腸は水に漬けておくのですが、縮んでいるのでなかなかセットができなかったり・・・皆さん、苦戦していましたね・・・(汗)

羊腸を付けてソーセージメーカー(または絞り袋)に練りあげたお肉を入れます

そして、いよいよ絞りだします~! 一番楽しい作業ですね!
子どもたちの歓声も聞こえました!

お肉が詰まった羊腸を適当な長さでねじりながら詰めていきます。詰め終わると羊腸の端を結びます。

出来上がりましたね!!

カフェの前にあるキッチンで、たっぷりのお湯を沸かして、約20分ゆでます!

完成!!

りっぱなソーセージ、おいしそうです!

感謝祭の感想をひとこと

今回、息子さん夫婦とお孫さんの三世代で参加されたI様。
ご夫婦が、敷島住宅の分譲住宅を購入されていたご縁で、息子さんたちが敷島住宅の注文住宅を建てられたそうです。
「孫たちと、家族で参加できるイベントは楽しいですね」

大津市内で、現在建築中というご夫婦のS様。
感謝祭でワークショップがあると聞いてお二人で参加されました。
「家がおしゃれになったり、良く見えるようなインテリアとか、収納のアイデアとか、庭作りなども、ワークショップがあればうれしいですね」

湖南市からご家族5人で参加されたI様。2年前にReco.住宅を建てられたそうです。
「家ではやらないようなことができて楽しかったです。ピザつくりとか、ガーデニング、アレンジメントとかのワークショップがあれば、また参加します」

五月晴れの一日。
お子さんたちと一緒に家族で楽しく過ごされたオーナーの皆さま。お疲れ様でした。
ハーブを育てて楽しむ、使って楽しむ、いろいろな使い方ができることを知って、早速ご自宅で育ててみようかな、というお客様もおられました。

まとめ

敷島住宅の「Reco.倶楽部」感謝祭の様子、いかがでしたか。

大切なわが家を建てたらそれでおしまいというのではなく、お引渡しの後も末永くおつきあいをさせていただくというのが敷島住宅の姿勢。年に一度の感謝祭で、スタッフだけでなく、「Reco.倶楽部」のオーナー様同士の交流もまた楽しいですね。
そして何より、建築後も定期点検やメンテナンスなど、いざという時に素早く対応してもらえるというのが心強いですね。

※本記事は、2019年6月24日時点の情報になります。

関連記事

夏の住まいづくり応援フェア ~スタッフレポート~
皆さん、こんにちは。先週末の7月22日・23日・24日・25日の4日間、敷島・・・続きを読む
“膳所ハーブガーデン”の冬支度
みなさん、こんにちは。注文住宅事業部の膳所ハーブガーデン担当です。昨年よ・・・続きを読む
ニューノーマル時代暮らし方見学会 in 1/17
京都桃山住宅展示場で開催中の「ニューノーマル時代暮らし方見学会」はハズレ無し抽選・・・続きを読む
ニューノーマル時代暮らし方見学会イベントレポート in 1/9
今回は、京都桃山住宅展示場で行われた「ニューノーマル時代暮らし方見学会」のイベン・・・続きを読む
CoCo.Avenue 茨木・郡5丁目5号地~モデルハウスレポート
※本記事は、2020年11月26日時点の情報です。「新築を考えているけれ・・・続きを読む
ハーブ・アロマ ONE DAY SHOP イベントレポート in 11/14
10月にいきなり冬のように寒くなったかと思えば、急に暖かい日が続いたりと、どんな・・・続きを読む