家づくりの基礎知識未分類注文住宅基礎知識

アスベスト事前調査ってなに?建替えのための解体で注意したいアスベストのこと

2022年4月から、新築・建替えで以前建っていた建物のを解体する際、アスベスト事前調査が義務化されました。
ところでアスベストとはなにか、アスベストがどのような健康被害をもたらすのかはご存じですか?

今回はそもそもアスベストとはどんなものか、何が健康に悪いのか、また新しく義務化されたアスベスト事前調査とはどういうものかについてご紹介いたします。

アスベストってなに?

アスベスト(石綿)とは繊維状けい酸塩鉱物です。

天然に産出されるもので、繊維1本が髪の毛の5000分の1程度で綿のように軽く柔らかく、熱や摩擦、酸、アルカリにも強く、丈夫で変化しにくいという特性を持っていることから建築工事において保温断熱の目的で吹き付けによる工事で使われていましたが、1975 年(昭和50年)に原則禁止されました。

その後も屋根などに使われるスレート材、防音材、断熱材、保温材で使用されましたが、現在では原則として製造などが禁止されています。

2005年にマスコミがアスベストを取り扱う労働者の健康被害を取り上げ社会問題となったことで、その名前を知った方も多いのではないでしょうか。

アスベストは成分そのものに毒性があるわけではありませんが、その繊維は極めて細く脆いため目に見えないほど微細な針状の粉塵となりやすく 、作業工程で吸い込んでしまう恐れがあります。
この粉塵を人間が吸い込むと細かな針状のほこりが肺に入り込み、長い潜伏期間の後に石綿(アスベスト)肺 や悪性中皮腫 、肺がんを起こす可能性があります。

アスベスト自体がそこにあることは問題ではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題なのです。

アスベスト事前調査

以前からも書類や目視での確認が必要でしたが、2022年4月から大気汚染防止法の改正法が施行され、アスベストの調査・報告・それらに関連する書類の保管が義務付けられました。
建替えのための事前調査でもしアスベストの使用が確認できた場合は、解体工事及びアスベスト処理費用が追加でかかります。

改正法では、住宅を建てる場所に何らかの建築物があり解体作業を伴う場合、アスベストが使用されているかの調査実施する必要があり、解体する建物の床面積の合計が80㎡以上あるものについては、自治体への事前調査結果の報告が義務付けられます。

建替えのために古い住宅を解体する場合だけではなく、貯蔵設備や配管などの解体撤去でも調査や報告が必要となる場合がある、という点に注意が必要です。

まとめ

今回はアスベストとはどんなものか、新しく義務化されたアスベスト事前調査とはどういうものかについてご紹介しました。
新築・建替えで建物の解体が必要となる方は、まずその建物が調査対象に該当するかどうかご相談ください。

弊社では定期的に間取り相談会などをおこなっております。新築・建替えで気になることは、ぜひプロにご相談ください。

間取り相談会やモデルハウス見学などのイベント情報はこちらから。
お問合せ、資料請求はこちらからどうぞ。

※本記事は、2022年5月17日時点の情報になります。

関連記事

住宅の付帯工事ってどんな工事?
注文住宅で新築・建替えで見積りをとると、土地の費用や住宅本体の工事費用の他に「付・・・続きを読む
諸費用ってなんの費用?押さえておきたい新築・建替え資金
注文住宅を建てるためにかかる費用は土地代や住宅本体の建築代だけではありません。・・・続きを読む
耐震・制震 ・免震って何が違うの?
地震大国である日本。いざという時のために、新築・建替え時には地震に強いお家にした・・・続きを読む
着工から完成までにかかる期間
家を建てるとき、着工から完成までどのくらいの期間が必要か知っていますか?建築・・・続きを読む
注文住宅を建てる前に読むブログ ~まとめ~
人生において自分の家を取得するのは、嬉しい一大イベントのひとつです。このブロ・・・続きを読む
プライバシーが守られている家の特徴とは?
家を建てるときに、家族が安心して暮らせる造りになっているかは大事なポイントになり・・・続きを読む