間取り

家族で料理を楽しむためにピッタリのキッチン間取りは?

一昔前まではキッチンは「主婦の城」として、いかに家事を一手に引き受けるお母さんが快適に使えるかにポイントが絞られていました。
しかし、いまは共働きのご家庭や在宅での勤務を選ぶ方も増え、男女問わず料理を楽しむ時代に。
家族で一緒にキッチンに立ちたいというご要望も増えています。

今回は、家族で一緒に料理を楽しむためにピッタリの、キッチンの間取りについてご紹介いたします。

二人以上で快適にキッチンを使える間取りとは

キッチンに立つのが1人だけの場合は最低75~80cmの通路幅を確保しておくのが理想です。
複数でキッチンを使う場合は、安全にすれ違うためにも最低100cm前後は必要となります。
しかし、あまり通路幅を広くとりすぎると、背面の収納に手が届かないなど、動線に無理が出る場合も。
キッチンのタイプや収納位置の間取りに合わせ、理想の通路幅には検討が必要です。

では、複数人数で快適にキッチンを使うのにおすすめのタイプを見ていきましょう。

アイランドキッチン

複数でキッチンに立つのに理想的なのがアイランドキッチン。
その名の通り、島のように調理スペースが配されているため、ぐるりと回りこむことが可能です。
コンロで火を使っている人を避けて冷蔵庫の食材を取る、フルフラットなら対面側で調理を補助するといった使い方もできるため、ご自宅での料理教室をお考えの方にもおすすめです。

Ⅱ型キッチン

シンクとレンジをⅡの字型に並べたレイアウト。
アイランドキッチン同様、ぐるりとまわりこむことができるので、複数人数でキッチンに立ちやすい形です。

Ⅰ型キッチン

シンクやレンジが直線状に1列にならんだⅠ型キッチン。
壁に沿って配置されるので、限られたスペースを有効に使えます。
ダイニングとの境界にカップボードなどの間仕切りを置かなければ、通路幅を気にする必要がありません。
間仕切りを置くのであれば、アイランドキッチンやⅡ型キッチンのようにぐるりと回り込めるように配置すると良いでしょう。
写真のようなカウンター状の間仕切りであれば、調理の補助や配膳にも便利ですね。

まとめ

今回は、家族で一緒に料理を楽しむキッチンの間取りについてご紹介いたしました。

ご夫婦で、親子で、一緒に料理をしたいとお考えなら、ぜひご検討ください。
「この敷地、間取りならどのタイプを選べばいいのかな?」という場合は、ぜひプロにご相談くださいね。

※本記事は、2020年5月7日時点の情報になります。

関連記事

ストレートダイニングってどんなインテリア?
ここ数年でお家で過ごす時間が長くなり、キッチンやダイニングにこだわる方が増えてい・・・続きを読む
リビングを快適なテレワークスペースにするためのアイデア
在宅勤務やテレワークが一般化し、ご自宅にお仕事のための間取りを希望する方が増えて・・・続きを読む
アウトドアリビングをラグジュアリーに楽しもう!
お家時間を大切にしたいというご家族が増え、アウトドアリビングを取り入れた間取りが・・・続きを読む
土間リビングってどんな間取り?
昔の日本家屋は広い土間があり、家の中と外を繋ぐ空間として機能していました。生・・・続きを読む
憧れの「おうち教室」「おうちサロン」を実現する間取りのポイント
新築・建替えを機に、おうちで教室やサロンを開きたいとお考えの方もおられるのではな・・・続きを読む
ビルトインガレージを取り入れるメリットと注意点
新築・建替えをお考えの場合、郊外であれば駐車スペースを敷地内に確保することも可能・・・続きを読む