間取り

アウトドアリビングをラグジュアリーに楽しもう!

お家時間を大切にしたいというご家族が増え、アウトドアリビングを取り入れた間取りが注目されています。
お子様やペットと遊んだり、BBQやお家キャンプを楽しんだりと、家の中でありながら気軽にアウトドアの遊びができるアウトドアリビング。お子様のおられるご家庭のものと思われるかもしれませんが、大人にもおすすめの間取りなのです!

今回は、大人にこそおすすめしたいラグジュアリーなアウトドアリビングの楽しみ方をご紹介いたしましょう。

「アウトドアリビング」とは?

リビングから直接アクセスできるよう、テラスやウッドデッキを配置した間取りを「アウトドアリビング」と呼びます。
ポイントは、リビングの掃き出し窓を開ければフラットにテラスやウッドデッキに出られること。外の空間であるテラスやウッドデッキを、リビングの延長として使うことができるのです。

ラグジュアリーなアウトドアリビングの使い方

大人のためのアウトドアリビングの使い方としてぜひおすすめしたいのが、アウトドア家具・ガーデンファニチャーのテーブルとイス、もしくはソファーを設置すること。
ぜひ家具のデザインや座り心地にこだわってください。よりラグジュアリーな空間に仕上がります。

いつでも思い立った時にさわやかな朝の空気を感じながら食事をとったり、午後のお茶を楽しんだり、ゆったり読書をしたり。夕食後にお酒を飲みながら大人の時間を過ごすのも素敵ですね。
在宅ワークの気分転換にもぴったり。ブレイクタイムはもちろんのこと、ノートパソコンでお仕事されている方ならちょっとしたお仕事もできてしまいます。

よりラグジュアリーに過ごしたいなら、空間のアクセントになるような色や素材のクッションやブランケットを椅子やソファーに置く、テーブルにテーブルクロスを敷く、キャンドルやランタンなどの明かりを置くなど、ちょとした工夫でより素敵な空間に。
また、ワイングラスやティーカップなどこだわりの食器を選ぶとさらに高級感がアップします。

雨風に強いガーデンファニチャーなら天候を気にせずそのまま置いておけるので片づける必要がありません。よほど強い汚れでなければ、さっと拭くだけで使えます。
片づけもアウトドアリビングに持ち出した食器類をキッチンに戻すだけ。一般的にリビングとキッチンは同階で比較的近い間取りになるので、トレーなどにのせれば楽々運べますね。

折り畳み式の家具などでもいいのですが、出し入れの手間がかかるだけで意外とハードルが上がってしまうもの。
なるべく置いたままでよい環境づくりをおすすめしますが、「普段は子供の遊び場としても使いたいから家具を置きっぱなしはちょっと…」という場合は、コンパクトにまとめられる家具を選び、アウトドアリビングの一角に専用の置き場を作るなど気軽に出し入れできる環境を作ると良いでしょう。

お気に入りの家具を置き、いつでも気楽に外を楽しめるようにすることで、素敵なアウトドアリビングを120%楽しめますよ。

当社の施工事例

まるでカフェのようなこちらのお宅は、LDKに面したウッドデッキにテーブルとチェアを設置。観葉植物に囲まれたプライベート空間になっています。
キッチンからも近いので、毎日外でお茶したくなりますね。

ご購入者様施工事例~ナチュラルなのにきらりと光る家

 

こちらのお宅は2階リビングと隣接したバルコニーをアウトドアリビングに。広々としたバルコニーには素敵なソファーとテーブルを設置。2階なので道路からの視線が気にならず、ソファーに座ったときにゆったり過ごせるよう配慮されています。屋根があるので天候の影響を受けにくいのもいいですね。

ご購入者様施工事例~愛犬が元気に駆けまわる家

まとめ

今回は、アウトドアリビングのラグジュアリーな楽しみ方をご紹介いたしました。
お家で過ごす時間が長くなり、家族の時間を大切にしたい、より居心地の良い家づくりをしたいとお考えの方々に人気のアウトドアリビング。
ラグジュアリーな空間にすることで、大人にも大満足な間取りになります。
ぜひご参考になさってください。

アウトドアリビングについてもっと知りたいという方は、こちらの記事もどうぞ。
アウトドアリビングってなに?お家時間をより楽しむ空間をご紹介します

当社ではお客様のライフスタイルやご要望に合わせ、様々な提案をさせていただいております。
間取り相談などもおこなっておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。
Reco.seriesの資料請求フォームはこちら

執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部インテリアコーディネーター
執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部インテリアコーディネーター
注文住宅事業本部のインテリアコーディネーターです。
[Reco.]seriesを中心に、住まいの情報をお届けいたします。
※本記事は、2021年8月6日時点の情報になります。

関連記事

昭和・平成・令和の住宅デザインの変化を知ろう
大人も子供も知っている国民的アニメ「サザエさん」や「ドラえもん」を見ていると、「・・・続きを読む
ストレートダイニングってどんなインテリア?
ここ数年でお家で過ごす時間が長くなり、キッチンやダイニングにこだわる方が増えてい・・・続きを読む
リビングを快適なテレワークスペースにするためのアイデア
在宅勤務やテレワークが一般化し、ご自宅にお仕事のための間取りを希望する方が増えて・・・続きを読む
土間リビングってどんな間取り?
昔の日本家屋は広い土間があり、家の中と外を繋ぐ空間として機能していました。生・・・続きを読む
憧れの「おうち教室」「おうちサロン」を実現する間取りのポイント
新築・建替えを機に、おうちで教室やサロンを開きたいとお考えの方もおられるのではな・・・続きを読む
ビルトインガレージを取り入れるメリットと注意点
新築・建替えをお考えの場合、郊外であれば駐車スペースを敷地内に確保することも可能・・・続きを読む