インテリア

2022年を象徴するコーラルオレンジをインテリアに取り入れよう

「日本流行色協会の選ぶ2022年の色」をご存じですか?2022の色はとても鮮やかなコーラル。そんな気持ちが明るくなるような今年の色をインテリアに取り入れてみましょう!

2022年の色は「ジョリーコーラル Jolly Coral」

一般社団法人日本流行色協会(JAFCA) では、毎年12月にその年を象徴する色、翌年を象徴する色を発表しています。流行色、トレンドカラーというよりは、2022年のムードを象徴する様々なキーワードから選ばれるテーマカラーです。

気になる2022年の色はジョリーコーラル (Jolly Coral)
「コーラル」とは珊瑚。ピンクをイメージする方も多いかもしれませんが、赤みの強い色からオレンジ色まで幅広い色を指します。ジョリーコーラルはオレンジみの強いコーラル。光が差し気持ちが明るくなるような、蛍光を帯びた鮮やかで軽やかな色です。

この色のキーワードは「前に進む力 / 鮮やかな世界 / 楽しみの再確認 / 瞬発力」。
感染症の拡大で長く暗い気持ちが社会に広がっていますが、ジョリーコーラルの鮮やかさはちょっと疲れてしまった人々の心を明るく前向きにしてくれそうですね。

コーラルオレンジ色のもつ効果を
インテリアに取り入れるポイント

オレンジは興奮や活動を促し、ポジティブなイメージを喚起する色。パッと目を引く視線誘導の効果があるので、注意を促したり視線を誘導することができ、お部屋のポイントにしたい場所にピッタリです。
ジョリーコーラルはとても華やかな色なので、お部屋に奥行きを演出し、メリハリを作ってくれます。逆に目立たせたくない場所から視線を逸らすこともできるので、上手に取り入れたいですね。

住宅インテリアとして取り入れる具体的な場所としては、キッチンやダイニングにおすすめ。オレンジは、赤や黄色と同様に食欲促進効果があります。
また、気分を高める作用があるので、朝のボンヤリ頭をシャキッとさせたい洗面所などにもぴったりです。逆に、リラックスしたい寝室やリビングにはあまり向きません。

鮮やかな色をインテリアに取り入れるポイントは、ベースのインテリアは主張の強くない色にしておき、取り替えやすいクッションなどのファブリックや小物でトレンドを取り入れること。
今年の色であるコーラルは、ホワイトインテリアにもピッタリです。

木のぬくもりを感じさせるウッディーなインテリアに取り入れる場合、コーラルのオレンジが木の風合いと色が近くなってしまい十分な効果が得られない場合も。
ラグなどで取り入れたい場所周りの色味を少し抑えて、小物などでコーラルをポイントカラーにすれば効果的に取り入れられます。

まとめ

今回は、日本流行色協会の選ぶ2022年の色とインテリアに取り入れるポイントをご紹介いたしました。

パントンが発表した2022年の色「 Very Peri」をインテリアに取り入れるご提案をした、こちらの記事も合わせてどうぞ。
» 2022年の色「 Very Peri」をインテリアに取り入れよう!

インテリアの色の効果について興味をお持ちなら、こちらの記事もおすすめです。
» 色の効果を知ってインテリアに生かそう
» 間取り別おすすめのインテリアカラー

参考:日本流行色協会(JAFCA)

執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部インテリアコーディネーター
執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部インテリアコーディネーター
注文住宅事業本部のインテリアコーディネーターです。
[Reco.]seriesを中心に、住まいの情報をお届けいたします。
※本記事は、2022年2月15日時点の情報になります。

関連記事

2022年の色「 Very Peri」をインテリアに取り入れよう!
世界中で使われる色見本の会社パントンが毎年発表する「今年の色」。インテリアや・・・続きを読む
見せる収納 vs 見せない収納
インテリアと並んで新築・建替えをお考えの方が気になるのは「収納をどうするか」では・・・続きを読む
FIRSTのイージーオーダーで叶える理想の間取りとは?
Reco.seriesのFIRSTはイージーオーダーで間取を決められます。と・・・続きを読む
Reco.series【NOBLE】9つのテイストから選べる内装
選べる9つのテイストNOBLEでは9つのテイストから内装をお選びいただいてお・・・続きを読む
Reco.series【FIRST】6つのテイストから選べる内装
選べる6つのテイストFIRSTでは大きく3つのタイプをご提案。各タイプは・・・続きを読む