施工事例暮らし方間取り

ストレートダイニングってどんなインテリア?

ここ数年でお家で過ごす時間が長くなり、キッチンやダイニングにこだわる方が増えています。そんな中で注目を集めているのが「ストレートダイニング」です。
今回は、新築・建替えをお考えの方に人気上昇中の「ストレートダイニング」をご紹介いたします。

ストレートダイニングってどんなインテリア?

キッチンカウンターと一直線にダイニングテーブルを並べて設置した配置が「ストレートダイニング」です。
キッチンで調理したものをそのままダイニングテーブルへ運ぶことができ、片付けも最短距離で行えることから、「家事の時間を短縮できる」と人気が上昇しています。

在宅勤務を行う方からは、ダイニングテーブルで仕事をしながらキッチンで家事ができるので便利という声もあります。

キッチンカウンターとダイニングテーブルが隣接することで見た目がスッキリとし、空間を最大限に利用できるのも魅力の一つです。
アイランドキッチンとダイニングテーブルの組み合わせなら、ぐるりと回る回遊動線ができるので、複数人数での料理やキッチン内の移動もストレスなく行えます。

ストレートダイニングのメリット・デメリット

ストレートダイニングのメリットは、移動距離が最短になることで、家事の時短や効率化ができることです。
また、キッチンカウンターとダイニングがスッキリとまとまることで、空間を有効活用できるという効果もあります。

キッチンで作業をする人とダイニングにいる人との距離の近さもうれしいポイント。
目を配りやすいので、家族との会話を楽しんだり、お子様の宿題を見ながら家事をすることもできます。

デメリットとしては、キッチンカウンターから水や料理の際に出る汚れがダイニングテーブルまで届いてしまう恐れがあるということが挙げられます。

家事動線はもちろんのこと、レンジ回りや水回りとダイニングテーブルとの位置関係はしっかり検討したいですね。

施工事例


回遊式の家事動線で効率アップ 親子三世代で暮らす理想の家 Vol.2 | 敷島住宅の注文住宅[Reco.]

親子三世帯とワンちゃんが暮らす賑やかなO様邸は、おしゃれなアイランドキッチンを採用し、広々とした作業スペースとキッチン回りの動線を確保したストレートダイニング。
ストレートダイニングを上手に取り入れることで、広々としたLDKを実現しています。


大きな庭で家族の時間を大満喫 のびのびと子育てできる家づくり | 敷島住宅の注文住宅[Reco.]

ストレートダイニングに興味があるけれど、間取りの都合で横一列に設置するのは難しいという方は、N様邸のようにT字やL字でダイニングテーブルをキッチンカウンターと隣接させる方法もあります。
ストレートダイニングとは少し間取りが変わりますが、ダイニングテーブルとの距離の近さによる家事時短効果と、間取りをコンパクトにまとめる空間の有効利用が実現できます。

キッチンのレイアウトと実例についてもっと知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。
Reco. BLOG » キッチンの施工事例と間取りをレイアウト別にご紹介!

まとめ

今回は人気のインテリア「ストレートダイニング」をご紹介いたしました。
今の時代やニーズに合った人気のインテリア。新築・建替えをお考えなら、ぜひ間取りの参考になさってください。

敷島住宅ではお客様のライフスタイルやご要望に合わせ、様々な提案をさせていただいております。
定期的に無料の間取り相談などもおこなっておりますので、注文住宅をお考えの方は、ぜひお気軽にお問合せください。
Reco.seriesの資料請求フォームはこちら

※本記事は、2022年3月29日時点の情報になります。

関連記事

大きすぎないのがちょうどいい半個室ワークスペースをご紹介
働き方が多様になり、週に何日かは在宅でお仕事をしたり、出社はほとんどなく在宅ワー・・・続きを読む
お客様のお家を内見!家族の理想が詰まった大人モダンな注文住宅(後編)
こんにちは。敷島住宅注文住宅事業部です。今日は前回に引き続き、実際に注文住宅・・・続きを読む
お客様のお家を内見 !家族の理想が詰まった大人モダンな注文住宅(前編)
こんにちは、敷島住宅注文事業部です。本日は弊社の注文住宅で建て替えをされたお・・・続きを読む
フローティングシェルフってどんなもの?
フローティングシェルフってどんなもの?新築・建替えをお考えでインテリアに・・・続きを読む
おしゃれな間取り「ピットリビング」をご紹介
新築や建替えをお考えで様々な間取りを調べている方なら「ピットリビング」もしくは「・・・続きを読む
ONとOFF両方楽しめる暮らし
ライフスタイルの変化により、テレワークや在宅でのお仕事をするご家庭が増えています・・・続きを読む