新築の間取りでできる花粉症対策
間取り 健康

花粉症の方必見!間取りでできる花粉症対策

すでに花粉症の自覚症状がある方から、家族が花粉症だという方まで、花粉のシーズンは花粉飛散情報が気になりますよね。
すでに症状が出ている方は、通院や薬で症状を抑えるのも大切ですが、実は家を建てる際にいくつかのポイントに気を付けることで、アレルギー症状を抑えることができるのです!

今回は、新築でできる花粉症対策をご紹介します。

花粉症のシーズンとは

関西では、2月から3月にスギが、3月から4月にはヒノキ、さらに4月から5月はイネの花粉と、切れ間なく花粉が飛びます。
夏にホッと一息つくと、こんどは秋の花粉シーズンが到来。
8月半ばから再びイネが、そしてブタクサやヨモギが10月まで飛びます。
症状のひどい方は、年中なんらかの花粉の影響を受けている場合もあります。

花粉症対策の基本

花粉症とは、体内に花粉が入ってきたときに、体が花粉を排除しようとして起こる「免疫反応」です。
くしゃみ、鼻水、鼻づまり以外にも、目のかゆみや肌の荒れを伴う場合があります。

花粉症対策の基本は、アレルギーの原因となる花粉に触れない、吸い込まないこと。
外出時にはマスクやサングラス、帽子などでガードし、花粉が付きにくいツルツルした素材の服を選ぶと良いでしょう。
帰宅後は服についた花粉を払い落とし、室内に持ち込まないようにしましょう。

新築でできる花粉症対策

花粉症対策の基本で、室内に花粉を持ち込まないというポイントをご紹介しました。
実は、新築をプランニングする際の間取りや設備で、さらに花粉を室内に入れない工夫ができるのです。
花粉の飛散量が多い時期でも、自宅で快適に過ごすごとができますよ。

花粉を家に入れない間取り

出入りの際に必ず開けなければいけない玄関ドア。
もちろん、ここからも花粉が入ってきます。
玄関を開けたらすぐリビングという間取りだと、玄関から入った花粉が室内に一気に広がってしまいます。
そこで、玄関ホールを設けてワンクッション置くことで、勢いよく花粉が入ってしまうことを防ぎましょう。

また、上衣を置くためのスペースを作ることで、花粉のついた上衣や帽子などを室内に持ち込まずにすみます。

玄関ホールから洗面所へ直接移動できる間取りもおすすめです。
帰宅してすぐに手洗い洗顔など行うことで、すでに体についてしまっている花粉を落とすことができます。

換気システムで花粉を室内に入れない

せっかく花粉を入れない工夫をしても、閉め切った室内では空気が淀むため、換気が必要となります。
しかし、換気のために窓を開けると花粉が入ってきてしまう。
これを解決するのが、換気システムです。

換気システムには、排気と給気の両方をファンで行う第1種、給気のみファンで行い排気は自然にまかせる第2種、排気のみをファンで行い給気を自然にまかせる第3種があります。
このフィルターを花粉対応のものに変えるだけで、室内に入る花粉を防げます。

Reco.seriesでは、高気密・高断熱の構造に第1種の換気システムである熱交換気システムを採用。
「熱交換気システム」は排気する際に熱を外気と交換するので、暑い夏は冷房で涼しくなった室内の気温を保ち、寒い冬は温めた室内の気温を保ったままで、換気を行います。

部屋干しで服に花粉を付けない!

外に洗濯物を干すと、花粉が乾いた衣類に付き、それを着るときに花粉に触れることでアレルギー症状が出てしまいます。
それを防ぐには、外に干さないこと!
具体的には、衣類乾燥機を使ったり、室内に洗濯物を干すことです。

毎日の洗濯に衣類乾燥機を使うと、電気代もばかになりません。
今回は、最近注目されている部屋干しのための設備をご紹介しましょう。

「洗濯物は基本的に部屋干しのみ」と決めるなら、サンルームや洗濯の干し場を室内にプランニングすることがおすすめです。
また、専用のスペースを取る余裕が無いという方には、来客時に洗濯物が干されていても気にならないスペースに、取り付け式や電動式の物干し竿を付けるのも便利です。
電動式であれば、普段は邪魔にならないよう上げておき、必要な時に下して洗濯物を干すことができます。
花粉のシーズン以外は外干し、花粉のシーズンや雨の日のみ部屋干しをする場合は、浴室乾燥機を使うのもおすすめします。

洗濯機~洗濯を干すスペース~洗濯物を片付けるスペースの動線を考えてプランニングすれば、最低限の移動距離で家事がすみ無駄が無くなりますよ。

まとめ

今回は、新築でできる花粉症対策をご紹介しました。
すでに花粉症の方も、花粉症の家族がいる方も、ぜひ参考になさってください。

「花粉を入れない家にしたいけれど、どういう間取りが良いの?」
そんな時は、ぜひプロにご相談ください。
当社では、無料間取り相談を定期的に開催しております。
イベント情報はこちらからどうぞ。

※本記事は、2019年4月3日時点の情報になります。

関連記事

ストレートダイニングってどんなインテリア?
ここ数年でお家で過ごす時間が長くなり、キッチンやダイニングにこだわる方が増えてい・・・続きを読む
リビングを快適なテレワークスペースにするためのアイデア
在宅勤務やテレワークが一般化し、ご自宅にお仕事のための間取りを希望する方が増えて・・・続きを読む
アウトドアリビングをラグジュアリーに楽しもう!
お家時間を大切にしたいというご家族が増え、アウトドアリビングを取り入れた間取りが・・・続きを読む
土間リビングってどんな間取り?
昔の日本家屋は広い土間があり、家の中と外を繋ぐ空間として機能していました。生・・・続きを読む
憧れの「おうち教室」「おうちサロン」を実現する間取りのポイント
新築・建替えを機に、おうちで教室やサロンを開きたいとお考えの方もおられるのではな・・・続きを読む
ビルトインガレージを取り入れるメリットと注意点
新築・建替えをお考えの場合、郊外であれば駐車スペースを敷地内に確保することも可能・・・続きを読む