インテリアコーディネート

窓まわりをすっきり華やかに!ローマンシェードをご紹介します

家の中には掃き出し窓とは別に、腰窓や小窓など・・採光や通風を確保するためにいろんな形の窓がありますよね。
今回は、そういった窓まわりをすっきり華やかにしてくれるカーテン「ローマンシェード」をご紹介します。

カーテンといえば

「カーテン」というと一番に思いつくのは、ドレープカーテン(厚手)+シアーカーテン(いわいるレースカーテンと呼ばれています)のダブルカーテンタイプですね。
リビングや寝室の掃き出し窓(人が出入りできる大きさの窓)には、機能性の面からもダブルカーテンが根強い人気のようです。

◆ダブルカーテン

画像提供:SANGETSU

カーテンの種類の一種「ローマンシェード」

「ローマンシェード」の構造を簡単にご説明しますと、1枚の布を上下に開閉するタイプのカーテンで、
布に縫製や装飾を加えることでエレガンスな雰囲気にもカジュアルな雰囲気にも仕上がるスタイルカーテンです。
「ロールスクリーン」・・と似ていますが分類としては別になります。

ロールスクリーンは布に樹脂加工を施し張りをもたせ(=スクリーン化とでもいうのでしょうか)、メカで巻き取りして上下に昇降する一方、「ローマンシェード」は布への樹脂加工はせず、布が持っている本来の性質を活かして縫製されます。
上下で布が折れたりたわんだりしながら、様々な表情をみせてくれるウィンドウトリートメントなのです。

選べて楽しいローマンシェードのスタイル

◆プレーンシェード

画像提供:SANGETSU

同じ幅でひだを折りたたみながら上昇する一番シンプルなスタイル

 

◆プレーンシェードとレースカーテンの組み合わせ

画像提供:SANGETSU

 

他にも・・・

◆シャープ
生地とバーが組み合わせた造りの規則正しいスタイル

◆バルーン
たくし上げるといくつものカーブが生まれるボリュームのあるタイプ

◆オーストリアン
最もウエーブが多くゴージャスなスタイル

◆ムース
中央のヒモ1本で引き上げてウェーブを作る、開閉しないタイプ

◆ファン(ピーコック)
引き上げるとボトムが半円を描くスタイル

・・・など、様々な種類があります。

 

シンプル、ゴージャス、可愛く・・・インテリアのイメージによってスタイルを選ぶことがおすすめです。
お気に入りのカーテン生地や柄が、希望のローマンシェードに向いているかどうかは、
カーテンの見本帳や展示コーナーに次のような図解で記載されていますので、チェックしてみてくださいね。


図版サンプル提供:SANGETSU

まとめ

今回は、カーテンの一種「ローマンシェード」についてお伝えしました。
キッチンの小窓や子供部屋の腰窓だけ、オーダーカーテンのローマンシェードにしてみるのも少しリッチな気分になれそうですね。

新築・建替えはもちろんのこと、これから春を迎える模様替えにも是非、ローマンシェードを上手に取り入れてみてくださいね。

注文住宅事業部では間取りをお伺いしてカーテンのご相談を承っております。
ご相談は、注文住宅事業部のインテリアコーディネーターまでぜひご連絡ください。

執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部インテリアコーディネーター
執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部インテリアコーディネーター
注文住宅事業本部のインテリアコーディネーターです。
[Reco.]seriesを中心に、住まいの情報をお届けいたします。

関連記事

カフェ風インテリアを実現するために新築・建替えでできること

新築・建替えでも人気のカフェ風インテリアですが、お家時間が長くなってよりリラックスできる空間づくりとして、引き…

続きを読む
家の中で育ててみたい観葉植物

目次1 観葉植物は室内でも育てられる?1.1 キラキラ星のような葉「パキラ」1.2 ワイルドで南国のイメージ「…

続きを読む
子ども部屋施工事例特集

子ども部屋のインテリアを考えるのは、大人の部屋とは違ったワクワクがありますよね。 今回は、間取図だけではわから…

続きを読む