未分類

ペットと新築・建替えで暮らすなら押さえたいポイント~ウサギ・フェレット~

「今、一緒に住んでいるペットと新築に移るなら、より快適に暮らしたい」
「新しい家に住んだらペットを飼いたい。犬や猫もいいけれど、他のペットも検討したい」
そんな方もおられるのではないでしょうか。

前回、前々回は、犬、猫と新築・建替えで暮らすための情報をご紹介しました。
今回はウサギ・フェレットと新築・建替えで暮らすポイントをご紹介いたしましょう!

ウサギと暮らすためのチェックポイント

犬や猫に比べて飼育しやすいといわれるウサギ。
鳴き声もあまり大きくなく頻繁には鳴かないため、気になりにくいといわれています。
飼い方としては、一日のほとんどをケージの中で過ごし、運動する間は飼い主と共に室内で過ごすというパターンが多いのではないでしょうか。

ケージの設置

ケージは小型種なら横50~60cm以上、大型種なら60~70cm以上、高さは40~50cm、奥行き50~60cmが良いとされています。
作り付けの収納の下にケージの設置場所を確保すれば、空間も有効利用できますね。

清潔を保つためにも、ケージのお手入れは欠かせません。
ケージを設置する場所から近い庭やベランダに水栓設備があれば、すのこやトレーをしっかり洗えるので便利です。

適温管理

ウサギは比較的寒さに強いのですが、暑さに弱いため、直射日光が当たらず風通しがよく涼しい場所やエアコンが設置されている場所にケージがあることが理想です。

安全対策

また、室内を運動させる際に床に置いてあるものやケーブル・コードなどを齧る危険があるため、扉付きの収納を設置したり、ケージの設置場所から届くところにコンセントを設置しない、なるべく配線が表に出ないようにするなどの工夫をしましょう。

フェレットと暮らすためのチェックポイント

フェレットはイタチを長い年月かけて飼いならしたといわれている種類で、犬や猫よりも鳴き声が気にならないこと、ケージの中で飼えることから、比較的飼いやすいといわれています。

ケージの設置

フェレットのケージは高さのない広さのあるものが最適。
実はフェレットは高いところに上るのは好きですが、降りるのが苦手。
高いところから落ちると、骨折などの危険があるのです。
ケージの中にトイレやハンモックなどを設置するためにも、低く広いものとなります。
階段下や作り付けの収納の下にケージの設置場所を確保すれば、空間を有効利用できますね。

適温管理

ウサギと同じように暑さには弱いので、エアコンなど温度管理ができる環境が必要です。
ケージを置くのは、1日の寒暖差が出来るだけ少なく、静かでエアコンやストーブなどの風が直接当らない場所が最適です。

臭い対策

イタチの仲間というと臭いが心配になる方もおられるかもしれませんが、現在ペットショップで販売されているフェレットは臭腺を取っています。
ですが体臭はあるため、月一回程度のシャンプーを行い、消臭剤や空気清浄機を設置しするとよいでしょう。
深さのある広めの洗面ボウルを選べば、シャンプーが楽ちん。
水栓がハンドシャワーになるものなら、よりお手入れが快適に行えます。

安全対策

室内で遊ぶ際に、すき間に入り込んでしまったり、ゴムや発泡スチロールを齧って誤飲する危険があるため、注意が必要です。
細々としたものは直接置かず、入り込めるすき間などができないようにしましょう。
ウサギ同様、配線にも注意が必要です。

その他のペットと暮らすためのチェックポイント

その他に一般的なペットとしては、鳥を飼う方も。
暑さ寒さに対する耐性は種類により差がありますが、長生きなので、長く快適に過ごせる環境を作ってあげたいですよね。

その他のペットの飼育をお考えの方は、ペットの種類により、室温管理、臭い対策などが必要となります。
飼育設備や換気扇の設置、温度管理のヒーターために配線などが必要な場合は、間取り決定の際に配慮しておくとよいでしょう。
ぜひ早い段階で設計のプロにご相談ください。

まとめ

今回はウサギ・フェレットと新築・建替えで暮らすポイントをご紹介しました。
ペットの特性によって、必要な設備や用意しておきたいものは変わります。

大切な家族とより快適に暮らせるよう、すでに一緒に暮らしているペットがいる場合は現在のライフスタイルに合わせて、新築・建て替えを機に一緒に暮らすことをお考えの場合はお迎えするプランに合わせて、設計士やインテリアコーディネーターにご相談ください。

弊社では定期的に無料の間取りプラン相談会を行っております。
ペットと共に快適に過ごす事が出来る家をお考えの方は、ぜひご相談ください。
イベント情報はこちらからどうぞ。

執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部 スタッフ
執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部 スタッフ
注文住宅事業本部のスタッフです。
[Reco.]seriesを中心に、住まいの情報をお届けいたします。
※本記事は、2020年11月5日時点の情報になります。

関連記事

アスベスト事前調査ってなに?建替えのための解体で注意したいアスベストのこと
2022年4月から、新築・建替えで以前建っていた建物のを解体する際、アスベスト事・・・続きを読む
60周年記念ガチャキャンペーン実施中!
敷島住宅では長年に渡りお客様・地域の皆様に支えられてきたこの60年の感謝の気持ち・・・続きを読む
60周年記念サイトがオープンしました。
60周年記念サイトをオープン敷島住宅公式インスタグラムでは、ご自・・・続きを読む
感染症対策にもおすすめしたい!玄関手洗いのタッチレス水栓
センサーがついており、蛇口に手を近づけると自動的に水の出るタッチレス水栓。ショッ・・・続きを読む
ペットと新築・建替えで暮らすなら押さえたいポイント~猫~
「大好きな猫ちゃんとより快適に暮らしたい」「新築・建替えで新しい家を建てたら・・・続きを読む
ペットと新築・建替えで暮らすなら押さえたいポイント~犬~
「愛犬との暮らしをもっと快適で楽しくしたい」「今は難しいけれど、一戸建てに住・・・続きを読む