外観・外構

外構ってなに?家の周りをデザインしよう

「どんな間取にしようか」「こんなインテリアにしたいな」
新築・建て替えをお考えの方は、家について考える時、こんな風にワクワクしておられるのではないでしょうか。
では、家の周りについてはどうしようとお考えですか?

今回は、家の外「外構(がいこう)」についてご紹介いたします。

外構(がいこう)とは

外構とは建物の周りの構造物を指します。
具体的には、塀や門、庭、車止めなど、敷地内にある建物以外が「外構」です。
「エクステリア」と呼ばれることもありますが、エクステリアは家の外の空間全体を指します。

外構の種類

クローズド外構

道行く人や隣家から敷地内が見えなくする外構を、クローズド外構と呼びます。
塀や柵などで、敷地の内と外を明確に分けるのが特徴です。

昔の日本の住宅に多く見られます。

京都桃山住宅展示場の外構はこちらのタイプを採用しています。

オープン外構

道路と敷地の境を塀や門扉で囲わない外構を、オープン外構と呼びます。
芝生やタイル、植物などで境界線は示すものの、敷地の外から建物が見渡せるのが特徴です。

欧米の住宅によくみられます。

セミクローズド外構

クローズド外構とオープン外構の要素を取り入れたものを、セミクローズド外構と呼びます。
完全に敷地を囲わず、ほどよく外部からの視線から隠す、両方の良い点を取り入れたスタイルです。

現在、日本の住宅で最も多く取り入れられています。

このタイプの外構は、京都城陽市モデルハウスで実際にご覧いただけます。

外構を構成するもの

門柱(もんちゅう)・門扉(もんぴ)

本来は、道路と敷地の境界線を示すために作られた門の柱を、門柱と呼びます。
住宅の外構では、玄関先にある独立した壁状の構造物が門柱と呼ばれます。
門柱にはポストや表札、インターフォン、宅配ボックスなどを取り付けることができます。

クローズド外構では、塀と一体で門扉とセットになっているものが一般的ですが、オープン外構やセミクローズド外構では柱のみで独立している場合もあります。

門柱に取り付けられた扉が門扉です。
訪問者の第一印象を決める「家の顔」ともいえる設備で、アルミ製、木製、鉄製など豊富な素材やデザインがあります。

表札・ポスト・宅配ボックス

居住者の姓や名を示すのが表札です。
郵便物を受け取るポストとセットになって門柱に設置されることも多くあります。

郵便物よりも大きな宅配便を受け取るために設置されているのが宅配ボックス。
不在時の荷物受け取りの需要が増え、戸建て住宅に設置されることも一般化してきました。

車庫・カーポート

柱、梁、壁、屋根などがある車を止めるためのスペースを車庫と呼びます。
カーポートは、柱と屋根だけの簡単な車庫を指します。

ちなみに、住宅と一体化した車庫は「ビルトインガレージ」です。

アプローチ

敷地の境界から玄関までの通路をアプローチと呼びます。
タイルや自然石、レンガ、芝生を敷くなど、様々なデザインがあります。

家族はもちろん、家を訪れる人が必ず通る場所で、家の印象を決める大事な箇所です。

アプローチに階段や段差がある場合は、安全のためにスロープや手すりも取り入れられます。

塀・柵

敷地を内と外で区切るために作られた壁状のものを塀、棒や板状のものを並べて見通しがあるものを柵と呼びます。

セミオープン外構では、目隠しなどの目的で部分的に取り入れられる場合もあります。

照明

玄関や門柱の周りのなどを照らし、安全な出入りや防犯のために設置されます。
また、建物やシンボルツリーを照らしてエクステリアの演出をする場合もあります。

植栽(しょくさい)

庭やアプローチに沿って植えられた樹木や草花を指します。
敷地をゆるく仕切る生垣として植えたり、高さのある樹木は目隠しとしての役割を果たしたりもします。

最近は、新築の記念として、家族の誕生や祝い事の記念樹として、家の象徴となるシンボルツリーを植える方も増えています。

その他

テラスやウッドデッキ、サンルームも建物の外の設備のため外構になります。

水栓も、あると便利な外構設備です。
ガーデニングや、スポーツ用品のお手入れ、ペットのための洗い場としても使えます。

まとめ

今回は、外構についてご紹介いたしました。
新築や建替えでは、家そのものに注目が集まりますが、家の外の設備も気にかけたいですよね。
建築費とは別で外構にも費用がかかるため、そのための予算を確保することも重要です。
ぜひ、家の中も外も素敵な家にしてください。

弊社では定期的に無料の間取りプラン相談会を行っております。
ぜひお気軽にご相談ください。
イベント情報はこちらからどうぞ。

※本記事は、2019年12月27日時点の情報になります。

関連記事

設備で解決!外からの視線が気にならない新築・建替えのアイデア
人通りや車通りの多い道路に面した土地に新しいお家を建てたり建替えたりする場合、通・・・続きを読む
住宅にとってのエクステリア(外構)の役割とは
エクステリア(外構)というのは、住宅の持ち主だけでなくさまざまな人が目にする部分・・・続きを読む
~家は外壁の色でイメージが変わる~ サイディング別・外観イメージ6選
街を歩いていると、なぜか気になるお家に出会うことってありませんか。たくさん家・・・続きを読む
シンボルツリーとは?人気の8種をご紹介します
家の間取りが決まって、外観のデザインも決まったら、次はお家の周りです。セミク・・・続きを読む
外観の印象を決めるポイント!屋根の形と屋根材をご紹介します
新築や建替えをお考えの方で、様々な設備やインテリアのことをお考えでも「屋根の形は・・・続きを読む