家づくりの基礎知識

坪単価はどうやって決まる?坪単価について解説!

坪単価の決め方って知っていますか?
家を建てたり、家を売買するようなことがない限り坪単価の決め方や算出の仕方は知らない人が多いと思います。ですがこれから家を建てようかなと考えている人は、坪単価について興味があると思います。
そこで今回は坪単価がどうやって決まるのかを解説します。

坪単価の基本

まず、坪単価とは家を建てるときの1坪あたりの費用のことです。1坪は畳2枚分でおよそ3.3㎡となっています。
坪単価を算出するときは

本体価格÷延床面積(建物の床面積の合計)=坪単価

を使い計算します。
例えば、3,000万円の住宅で延床面積50坪なら

3,000万÷50坪=60万円

ということになり、坪単価は60万円となります。

坪単価の算出はハウスメーカーにより変動する

前述の計算式を使えば、坪単価を算出することはできます。
しかし、注意したいポイントがあります。それは同じ条件の建物であってもハウスメーカーにより坪単価が異なる場合があるということです。
なぜハウスメーカーにより坪単価が変動するのでしょうか?

本体価格に含まれるものの違い

本体価格に生活に必要な照明器具やエアコンの設置費用、ライフラインである電気やガスの設置費用を含めているハウスメーカーもあれば、建物の価格だけとしている場合もあります。
とくに決まりはないので、本体価格とはどこまでを含むのかを確認する必要があります。

延床面積ではなく施工面積で割ることもある

延床面積とは、1階だけでなく2階や3階の建物全体の面積を合計したものです。それに対し施工面積とは、延床面積に含まれない吹き抜けやバルコニーなども含んだものです。
施工面積のほうが延床面積より大きい数字になるため、計算したときに施工面積で割った方が、同じ条件でも坪単価は安くなります。

坪単価は参考程度に

本体価格や割る面積の他にも、どの程度の設備を住宅に施工するのかや外観をどのようにするのかも坪単価に大きく影響します。そのため、同じ条件であったとして坪単価が大きく違うという場合もあります。
デザインにこだわれば、外観の凹凸が多くなりその分本体価格も上がります。水回りの設備を充実させれば、それも本体価格を上げる要因となります。

まとめ

今回は坪単価について紹介しました。
坪単価は建物の価格や面積によって決まりますが、ハウスメーカーごとに本体価格の算出の仕方や面積の概念が違うので事前に把握しておく必要があります。
しかし、今回紹介した坪単価の基本や算出の仕方を知っておけば、おおよその坪単価を算出することができるので、気になる物件や土地を見つけた際はぜひ参考にしてくださいね。

弊社では定期的にモデルハウス見学会や無料の間取りプラン相談会、住宅ローン相談会などを行っております。
ぜひイベント情報をチェックしてください!
Reco.seriesのイベント情報

執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部 設計士
執筆者/敷島住宅 注文住宅事業本部 設計士
注文住宅事業本部の設計士です。
設計士目線と女性目線、両方の角度からプランニングするのが得意です。
「家族が笑顔になれる」家造りを目指しています。
間取りを中心に[Reco.]seriesの様々な情報をお伝えします。

関連記事

注文住宅を建てる前に読むブログ ~まとめ~

人生において自分の家を取得するのは、嬉しい一大イベントのひとつです。 このブログを読んでくださっている方の中に…

続きを読む
プライバシーが守られている家の特徴とは?

家を建てるときに、家族が安心して暮らせる造りになっているかは大事なポイントになります。 今回は、身の安全を守る…

続きを読む
二世帯住宅を建てる際の3つのポイント!

親が高齢になると、生活環境の変化や健康状態など気がかりなことが増え、同居を選択する人もいるでしょう。同居を考え…

続きを読む
注文住宅を建てる前に読むブログ ~新しい家に住替えよう!~

住替えは、現在の住まいとは別の場所に新しく家を取得することです。買い替えともいいます。 例えば「転勤で今の場所…

続きを読む
注文住宅を建てる前に読むブログ ~新しい家に建替えよう!~

建替えとは、現在住宅が建っている土地に、現宅を解体して新築することです。 家族三代が一緒に暮らすことになったの…

続きを読む
注文住宅を建てる前に読むブログ ~新築住宅を建てよう!~

新築とは更地に新しい家を建てることです。 「現在は賃貸マンションに住んでいるけど、子供が小学校入学前に新築戸建…

続きを読む